2009年07月01日

番外編:関西に住むとある男子学生

年ももう半分がすぎたか…。

―彼女と別れてもう3年か―



最初はうまくやってけると思ってたんだけどなぁ。

俺は地元の大学に行くことに決めてたし、彼女は彼女で自分の夢を追いかけるため上京した。

やっぱり俺たちはまだまだガキだったんだってことだな。


彼女がメディアに出始めてから、めっきり時間も合わなくなって…。


最後はなんだっけかな、そうそう。

「いつもお金がないってなかなか来てくれなかったの寂しかったんだよ」

だったかな。


まぁ、向こうは一流のアーティストだしお金持ってるって甘えちゃったのかな、俺。

アーティストの前に、一人の女の子でもあったわけだ。






そして、今年の2月。



2年以上連絡を取ってなかった彼女から一通のメール。







「今度籍入れます」








お相手は帰国子女でカッコよくて高身長に高学歴、おまけにサッカーでインターハイにも出たことがあるらしい。




ははっ、俺が唯一勝ってるとこってどこだろ?


しいて言えば若いところ?(笑)








そして、彼女は俺とはもうまったく別の道を歩いていった。







俺もなんとか就職も決まり、卒業もどうにかできそうだ。


こうなるならあのときにもっとこうしていれば…って気持ちがないって言ったらウソになるけど。





それでも俺は前にしか進んでいけない。





やっと心も凪いできて、自分の道を歩んでいけそうだ。



この先どんな人と出会って、どういう別れを繰り返していくかは俺にもわからないけど。






そろそろ思い出は、引き出しにしまって外にでかけてみようかな。














…おっ、サークルのアノ子からメールだ。




今日のサークル行きますか?だって。





もちろん!行くに決まってるジャン!!!






だから。








俺も前を向いて歩いていくよ。











今度また、どこかで。

そしてお元気で。














さよなら、絢香。















〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いつぞやの叙述トリック
http://nicovip2ch.blog44.fc2.com/blog-entry-853.html
posted by もともともとか at 13:06| 青森 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。