2009年03月25日

センチメンタルザクラ。

IMG_0112.JPGIMG_0129.JPG
IMG_0135.JPGIMG_0097.JPG
IMG_0108.JPGIMG_0067.JPG
4年間お疲れ様です!!



いやー、もう卒業ですか、早いもんですな…。



昨日の卒業式は雪が舞い散るという極寒な機構にもかかわらず、


たくさんの後輩が集まってくれたのは感謝感激ですもうやだ〜(悲しい顔)

今年は追いコンでTシャツももらったのに、さらに色紙なんかももらっちゃって、本当にうれしいばかりです!!!


今年は院生が多く、半分くらいはそのまま残りますが、そのほかのメンバーは弘前を離れることに…。




らしくなく、センチにメッセージ。



〜〜〜〜〜〜〜


大学生という同じ時間をすごせた君たちへ。



時間は無限にあるけれども、僕らの過ごした時間は、有限だったね。





それでも、有限であるからこそ大切なもの、重要なことが生まれるのだと思います。



3次元で構成されてる人生で、ティーンからアダルトになる時期に君たちと過ごせた日々は、もはや神がかり的な確率なんじゃないかと。




そんな奇跡的な瞬間に様々な想いを共感・共有できたことに感謝し、嬉しく思います。



これから社会人になって、立派な大人になって、家庭を持って、子供を持ち、それなりに出世して、孫を持つ時期がいずれ来るでしょう。




時間がたつにつれ、x=18~22というポイントの出来事は薄れていくかもしれない。






けれども!!





これから築いていく道の、いい方向に大きく影響したのは間違いないと思います。







レールを沿って行く人生じゃなくて、レールを作って行く人生になることを願ってます。






そして、何かがきっかけに、頭の片隅に思い出される、ふと懐かしい感覚があったときに、







このポイントを思い出してくれれば幸いです。







もちろん、僕も覚えています。






苦い経験、辛い過去、悲しい結末、たくさんの思いをはせた大学生活でも、







少しの未来を夢見て、一緒に過ごせた仲間を、親友を、彼氏・彼女を、そしてみんなを、僕は忘れません。







本当はもっと多くの時間を共有して、共に泣いたり笑ったり、朝が来るまで語り合ってたりしたかってけど、そろそろお別れの時間…。








ありきたりな言葉でしか綴れないけれども、それでも、本当にこれにつきます。

















ありがとう。









また、いつか、必ず、どこかで。











そのときが1年後か60年後かは分からないけど、









また、学生に戻って、晩酌でも交わせることを祈ってます。



















バドミントンサークルで出会えたことは、



かけがえのないものになりました。









それじゃあ、みんな。






また、会おう。

posted by もともともとか at 19:18| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。